連続講座「中東のいま」第1回 <パレスチナ難民70年の記憶>第2回 <パレスチナ難民問題の現状と今後>

カテゴリ その他
内容 第1回 講師川上泰徳氏は「サブラ・シャティーラの虐殺」で知られるベイルートのシャティーラ難民キャンプを取材し、この3年間で、70代、80代の難民第1世代から現在の若者まで150人のインタビューをしています。来春『シャティーラの記憶』(仮題)として刊行予定。人々の具体的な証言、写真や動画で、パレスチナ人の生の歴史をたどります。
第2回 2018年はイスラエルのアメリカ大使館のエルサレムへの移転や、アメリカのパレスチナ難民支援中止で、パレスチナ問題は大きな危機に直面しました。国連加盟国はどう対応したか、これからどうなるのか。来日したUNRWA事務局長のインタビューとともに、エルサレム問題を含むパレスチナ問題と、中東、さらに日本の関係まで、広い視野からのお話を伺います。
会場 練馬区立光が丘図書館視聴覚室
住所:練馬区光が丘4-1-5
地図
交通アクセス 都営大江戸線 光が丘駅 A3出口より徒歩8分
みどりバス(保谷ルート、氷川台ルート、北町ルート)練馬光が丘病院より徒歩1分
日時 2019年3月16日(土)14:00~16:00(開場 13:30)
2019年3月23日(土)14:00~16:00(開場 13:30)
対象・定員 どなたでも
申込方法 TEL / E-mail / FAX
申込詳細 電話 090-1656-2404
メール riyosha.hikarilib@gmail.com
fax 03-3939-7648
料金 有料
500円/回
主催 光が丘図書館利用者の会
お問い合わせ
光が丘図書館利用者の会
TEL: 090-1656-2404
FAX: 03-3939-7648
E-mail: riyosha.hikarilib@gmail.com
URL

掲載期間: 2018/12/26 ~ 2019/03/15