検索条件 表示/非表示

条件から検索

カテゴリ
エリア
フリーワード
講座・イベント情報

日付から検索

は講座・イベント開催日、クリックで選択するとになります。

  • 2022年

  • 2022年

  • 2022年

  • 2022年

  • 2022年

  • 2022年

  • 2022年

  • 2022年

  • 2022年

  • 2022年

  • 2022年

  • 2022年

  • 2023年

検索結果
すべてのカテゴリ > すべてのエリア
並び替え
表示数
10 | 30 | 50
25件中 110件表示

フレッシュ名曲コンサート「ストラヴィンスキー/火の鳥」

バレエ音楽の金字塔
ストラヴィンスキー不朽の名曲「火の鳥」
大迫力のオーケストラサウンドに心震える
前半は、2019年東京音楽コンクール第1位および聴衆賞の秋山紗穂が、名曲シューマンの協奏曲に挑みます。後半は、バレエ音楽の金字塔ともいうべき、ストラヴィンスキー作曲「火の鳥」を、東京都交響楽団が大迫力のオーケストラサウンドで披露いたします。文化センターでしか味わえない、贅沢なプログラムをどうぞご堪能下さい!
■出演 梅田俊明(指揮)
    秋山紗穂(ピアノ)
    東京都交響楽団(管弦楽)
■曲目 モーツァルト/歌劇『フィガロの結婚』序曲K492
    シューマン/ピアノ協奏曲 イ短調 op.54
    ボロディン/歌劇『イーゴリ公』より
          「だったん人の踊り」
ストラヴィンスキー/バレエ組曲『火の鳥』(1919年版)
日時 令和4年2月13日(日)
15:00開演(14:15開場)
会場 練馬文化センター大ホール(こぶしホール)
団体名 練馬文化センター
主催 練馬文化センター(公益財団法人練馬区文化振興協会) 公益財団法人東京都歴史文化財団(東京文化会館)

練馬区ゆかりの俳優の対談動画を配信!「ねりま映画サロン」事業を開始しました!

練馬区には、昔から映画の撮影所、アニメ会社や映像に関連した会社が多くあり、名作と呼ばれる作品が数多く生み出されてきました。
今回、「練馬と映画」をテーマに区ゆかりの俳優による対談の動画配信事業「ねりま映画サロン」を開始しました。
第1弾は練馬区出身の佐久間良子さんと日本大学芸術学部出身の毒蝮三太夫さんが出演し、第2弾は世界で活躍された千葉真一さんが出演しています。
対談の内容は公式ホームページ「映像∞文化のまち ねりまPROLOGUE」で配信しています。
日時 随時配信
会場 動画配信です。
団体名 練馬区 地域文化部 文化・生涯学習課 文化芸術担当係
主催 練馬区 地域文化部 文化・生涯学習課 文化芸術担当係

収蔵作品による 小林清親展【増補】-サプリメント-

小林清親は“最後の浮世絵師”とも呼ばれる、明治期を代表する浮世絵師です。
当館では2015年に清親没後100年を記念し、
「小林清親展 文明開化の光と影をみつめて」を開催しました。
この展覧会が機縁となり、清親の作品や資料、遺品類約300件の寄託を受け、
その寄託品の中には、下図絵や自作の箱、裃などの身の回りの遺品も含まれていました。
今回はこれらの未公開、再発見の作品・資料を中心に展示し、
2015年の展覧会のサプリメント(増補)として開催いたします。
<開催案内>
収蔵作品による 小林清親展【増補】-サプリメント-
日時 会期 令和3年11月23日(火・祝)~令和4年1月30日(日)
休館日 月曜日(1月10日(月・祝)は開館、翌1月11日(火)は休館)
      *12月29日(水)~1月3日(月)は年末年始のため休館いたします
      
開館時間 午前10時~午後6時 ※入館は午後5時30分まで
会場 練馬区立美術館
団体名 練馬区立美術館
主催 練馬区立美術館(公益財団法人練馬区文化振興協会)

光が丘ことばの会

在日外国人のためのボランティア日本語教室です。
毎週土曜日の10時~11時半、光が丘図書館や文化交流ひろばで開催しています。
2022年は1月15日(土)から再開します。
日時 令和4年1月15日(土)10時~11時半 光が丘図書館 視聴覚室
令和4年1月22日(土)10時~11時半 光が丘図書館 第1会議室
令和4年1月29日(土)10時~11時半 光が丘図書館 第1会議室
令和4年2月5日(土) 10時~11時半 光が丘図書館 視聴覚室
令和4年2月12日(土)10時~11時半 文化交流ひろば・交流室2
令和4年2月19日(土)10時~11時半 光が丘図書館 第1会議室
会場 光が丘図書館 視聴覚室
団体名 光が丘ことばの会
主催 光が丘ことばの会

特別展-生誕100年記念-「作家・庄野潤三展 日常という特別」

令和3年に生誕100年を迎えた作家・庄野潤三(1921~2009年)は、昭和28(1953)年~昭和36(1961)年までの約8年間、石神井公園にほど近い練馬区南田中町(現・南田中)に暮らしていました。練馬区に住んでいた昭和30(1955)年に「プールサイド小景」で第32回芥川賞を受賞、同年8月に勤めていた朝日放送を退社し、作家活動に専念することになりました。昭和35(1960)年には「静物」で第7回新潮社文学賞も受賞しています。「プールサイド小景」と同年に新聞連載された「ザボンの花」には、当時の麦畑の広がる石神井の地域の豊かな風景と暮らしが描かれました。庄野の作品は日常生活を丁寧に描いたものが多く、「すべての文学は人間記録(ヒューマン・ドキュメント)だという考えが根本にある」という創作姿勢は晩年まで貫かれました。登場人物の日常生活-家族との会話や些細な物事への考え、感情などの具体性を帯びた丹念な描写は、多くの読者の心を惹きつけました。
本展では練馬区居住期を中心に、原稿や書簡、書籍、写真資料などから庄野潤三の作品をご紹介します。
日時 会 期:令和4年1月15日(土)~3月13日(日)
開館時間:9:00~18:00
休館日:月曜日
会場 石神井公園ふるさと文化館 2階企画展示室
団体名 石神井公園ふるさと文化館
主催 石神井公園ふるさと文化館 特別協力:県立神奈川近代文学館

特別展-生誕100年記念-「作家・庄野潤三展 日常という特別」

令和3(2021年)に生誕100年を迎えた作家・庄野潤三(大正10(1921)年~平成21(2009)年)は、昭和28(1953)年から昭和36(1961)年までの約8年間、石神井公園にほど近い練馬区南田中町(現・南田中)に暮らしました。
練馬区に住んでいた昭和30(1955)年に「プールサイド小景」で第32回芥川賞を受賞、同年8月に勤めていた朝日放送を退社し、作家活動に専念することになりました。昭和35(1960)年には「静物」で第7回新潮社文学賞も受賞しています。「プールサイド小景」の芥川賞受賞と同年に新聞連載された「ザボンの花」には、当時の麦畑の広がる石神井の地域の豊かな風景と暮らしが描かれました。
 本展では練馬区居住期を中心に、原稿や書簡、書籍、写真資料などから庄野潤三の作品をご紹介します。
※新型コロナウイルスの感染状況により、展覧会および関連イベントの中止や内容を変更する場合がございます。
【会期中のイベント】
■講演会 「父の思い出・石神井時代」(事前申込制)
■講演会 「庄野家の人たち」(事前申込制)
■学芸員による展示解説会
日時 令和4年1月15日(土)~3月13日(日)
9:00~18:00
休館日:月曜日
会場 石神井公園ふるさと文化館 2階企画展示室
団体名 石神井公園ふるさと文化館
主催 主催:石神井公園ふるさと文化館   特別協力:県立神奈川近代文学館

1月の着付け教室(3回セット)

着物を普段から気兼ねなく着られるよう、じっくり学ぶ着付け教室です。
日時 令和4年1月17日(月)、1月24日(月)、1月31日(月)
Aコース 9:30~10:45
Bコース 11:00~12:15
会場 向山庭園
団体名 練馬区立向山庭園
主催 練馬区立向山庭園指定管理者アゴラ造園株式会社

講座「浮世絵(多色木版)にチャレンジ!絵師・彫り師・摺り師になろう!」

色を何色も重ねた木版画を作ります。

講 師 内山良子(版画家)
日時 令和4年1月22日(土)・1月23日(日)
10:30~17:00【2日制】
会場 練馬区立美術館・創作室
団体名 練馬区立美術館 管理係
主催 練馬区立美術館

第9回全日本ポップス&ジャズバンドグランプリ大会~ALL JAPAN SWING BRASS SUPER LIVE 2022~

第9回全日本ポップス&ジャズバンド グランプリ大会

【ソロ・アドリブ部門・団体部門】
令和4年1月29日(土) 14:00開演(13:45開場)

【団体部門】
令和4年1月30日(日) 10:00開演(9:30開場)

※出演者・出演団体は変更になる場合があります。
日時 【ソロ・アドリブ部門・団体部門】

令和4年1月29日(土) 
14:00開演(13:45開場)

【団体部門】

令和4年1月30日(日) 
10:00開演(9:30開場)

※令和4年1月29日(土)18:00からSWING BRASSスペシャルコンサートもございます。
会場 練馬文化センター 大ホール(こぶしホール)
団体名 一般社団法人日本ジャズ協会21  
主催 一般社団法人日本ジャズ協会21  共 催: 練馬文化センター(公益財団法人練馬区文化振興協会)

消費者教室「どうする?どうなる?海のプラごみ」

プラスチックごみの増大が世界規模で問題になっています。
国は令和3年6月にプラスチック資源循環促進法を制定し、これまで燃やしていた製品プラスチックを容器包装プラスチックと一緒に一括回収をし、資源化を促進するとしました。
新たな国の方針や最新の海ごみ事情を知り、私たち消費者にできることは何かを学びます。
日時 令和4年2月3日(木)
10:00~12:00
会場 石神井公園区民交流センター 展示室兼集会室
団体名 練馬区経済課消費生活係
主催 練馬区経済課