検索条件 表示/非表示

条件から検索

カテゴリ
エリア
フリーワード
講座・イベント情報

日付から検索

は講座・イベント開催日、クリックで選択するとになります。

  • 2018年

  • 2018年

  • 2018年

  • 2018年

  • 2018年

  • 2018年

  • 2019年

  • 2019年

  • 2019年

  • 2019年

  • 2019年

  • 2019年

  • 2019年

検索結果
すべてのカテゴリ > すべてのエリア
並び替え
表示数
10 | 30 | 50
11件中 110件表示

芳年ー激動の時代を生きた鬼才浮世絵師

月岡芳年(天保10年~明治25年・1839~92)は江戸に生まれ、12歳で武者絵の名手、歌川国芳に入門。幕末は武者絵を中心に、美人画、戯画など師の風に倣った作品を発表してきましたが、明治維新のきな臭い時代背景を通して、武者絵からリアルな戦闘画へと変化を見せます。この頃の作品をして“血みどろ絵”、“無惨絵”の芳年としたイメージが後世まで強く持たれてきました。一時期、神経を病んでいたこともこうした印象に拍車をかけていたのかもしれません。しかし、それは一時のことで、“大蘇”と名乗り出してからは、新聞挿絵や西南戦争に取材した作品、歴史画・風俗画などで、人気浮世絵師への階段を一気に駆け上ります。晩年の10年間に描いた錦絵は芳年画を印象付ける名作・代表作揃いで、最期まで武者絵や物語絵の可能性にこだわり続けた、まさに“最後の浮世絵師”と呼ぶにふさわしい画業を展開しました。
この展覧会は芳年のコレクションとしては質量ともに世界屈指といえる、西井正氣氏の収蔵品の中から選りすぐりの263点で、芳年の画業の全貌を紹介するもので、15年ぶり、まさに待望の公開となるものです。
日時 会 期  平成30年8月5日(日)~9月24日(月・休)
開館時間 10:00~18:00 *入館は17:30まで
休館日  月曜日 *ただし、9月17日(月・祝)は開館、18日(火)は休館。
会場 練馬区立美術館
団体名 練馬区立美術館
主催 練馬区立美術館(公益財団法人 練馬区文化振興協会)、日本経済新聞社

第11回ゆめりあ若手寄席~真夏の夕涼み会~

毎年恒例ゆめりあ若手寄席、今回は真夏の夕涼み会です。
真打は、常に「明るく、楽しく、わかりやすい」を心がけ、都内の寄席や各地の独演会にて活動を続けている三遊亭萬窓。二ツ目は、落ち着いた語り口調と豊かな表情に引き込まれること間違いなし、柳家さん若。色物は、昨年バンコク(タイ)にて公演を行い、その技術を世界にも知らしめた太神楽の鏡味仙成の3人が登場!
また、公演当日はゆめりあホール近隣の協賛飲食店へチケットを持参すると暑さを吹き飛ばす「ヒヤッとサービス」が受けられます。
真夏の夕暮れに「ヒヤッ」とする怪談話で、一涼みしませんか?
■出演 三遊亭萬窓(真打)、柳家さん若(二ツ目)、鏡味仙成(太神楽)
日時 平成30年8月18日(土)
16:00開演(15:30開場)
会場 大泉学園ゆめりあホール
団体名 (公財)練馬区文化振興協会
主催 (公財)練馬区文化振興協会 

真夏の音楽会vol.1 大谷康子と楽しむ音楽の旅~ウィーン

大谷康子と音楽の旅をする珠玉のコンサートの第1弾。
日本を代表するヴァイオリニスト大谷康子とNHK交響楽団メンバー16名のアンサンブルで、皆さまをウィーンの音楽の世界へ誘います。

■出演 
 大谷康子(ヴァイオリン)
~NHK交響楽団メンバー~
第1ヴァイオリン  森田昌弘、横溝耕一、酒井敏彦 
第2ヴァイオリン  大林修子、三又治彦、嶋田慶子
ヴィオラ   飛澤浩人、御法川雄矢、小野富士
チェロ  銅銀久弥、 宮坂拡志
コントラバス  市川雅典
クラリネット  松本健司、山根孝司
ファゴット  水谷上総
ホルン  今井 仁志

■曲目 
ヨハン・シュトラウス2世/ウィーンの森の物語、雷鳴と稲妻、アンネン ポルカ、美しく青きドナウ ほか
日時 平成30年8月1日(水) 
14:00開演(13:30開場)
会場 練馬文化センター大ホール(こぶしホール)
団体名 練馬区文化・生涯学習課文化振興係
主催 練馬区

分室特別展「元気いっぱい!!ばばばあちゃん‐絵本作家・さとうわきこ展」

練馬区ゆかりの絵本作家・さとうわきこさんは、元気で明るくパワフルな主人公が活躍する絵本「せんたくかあちゃん」シリーズや「ばばばあちゃん」シリーズなどの代表作で知られ、これまでに多くの子どもたちを魅了してきました。
 さとうさんが練馬区にやってきたのは6歳の頃、病弱な身体の療養のためでした。小学校を休みがちになり劣等感に苛まれる時期もありましたが、一面の田んぼや麦畑、水の湧き出る小川、豊かな自然に囲まれ育ったさとうさんは次第に健康をとり戻し、絵本作家となった今、子どもたちには幼い頃を明るく笑って過ごしてほしいという願いを込め作品を描き続けています。
 本展では絵本原画約50点や書籍を展示し、読むと思わず笑顔になってしまうさとうわきこさんの楽しい絵本の世界をご紹介します。
日時 平成30年7月7日(土)~平成30年9月30日(日)
9:00~18:00
●休室日
毎週月曜日
(7月16日(月)・9月17日(月)・9月24日(月)は開室、7月17日(火)・9月18日(火)・9月25日(火)は閉室)
会場 石神井公園ふるさと文化館分室 1階展示室
団体名 ふるさと文化館分室
主催 石神井公園ふるさと文化館

ねりあるきラリー(スタンプラリー)の開催

ねりあるきラリーは、ねりまユニバーサルフェス第一弾として行われる、練馬の身近な福祉施設を巡るスタンプラリーです。
区内には、障害者、高齢者、子ども向けの福祉施設や地域福祉活動団体の活動場所があります。ねりあるきラリーはそんな施設や活動場所を、見て、知って、体験してもらうことを目的としています。
施設、団体が開催するイベントに参加して、ねり丸スタンプを集めてください!
集めたスタンプの数に応じて、ねり丸オリジナルシール・グッズを差し上げます。また、スタンプを2色以上集めると、ユニバーサルデザイングッズが当たる抽選に応募できます。

抽選会は、12月15日(土)に区民・産業プラザ(ココネリ)3階で開催する「みんなのUDパーク」で行います。当日会場でもねり丸スタンプはもらえ、その場で抽選の応募もできます。
日時 平成30年7月4日(水)~平成30年12月15日(土)
詳細はねりあるきラリーホームページ内の、「平成30年度ねりあるきラリー開催イベント一覧」にてご確認ください。
会場 各福祉施設や地域福祉活動団体のイベントの開催に合わせて実施します。
団体名 練馬区福祉部管理課地域福祉係
主催 練馬区福祉部管理課

お盆・思い出の歌特集

■8月11日(祭)午後2時~4時  月例会 1回は無料体験できます 
■8月19日(日)午後2時~3時30分 想い出のメロディーと尺八演奏 無料公開
 尺八演奏 木蓮会の皆様    先着申込み30名
■8月25日(土)午後2時~4時30分 歌と暮らしの法律「遺言セミナー・相談会」無料公開
 澄んだ空 法務司法書士事務所 司法書士 村上 元 氏 先着申込み30名
 
日時 平成30年8月11日(土)、19日(日)、25日(土)
午後2時開始 予約を必ずしてください。

ホームページをご覧ください。「歌活ふれあいサロン」検索
http://ryuho.world.coocan.jp/hamonica/

会場 練馬区立勤労福祉会館
団体名 歌活ふれあいサロン
主催 歌活ふれあいサロン 斎藤

ぷち✕2シアター ドラマ=リーディングの会 ~ギリシア悲劇を読む~

戯曲を一人で読むのは結構疲れる。だけど、みんなで読むと楽しいよ。コトバの力を信じてみる、ドラマ=リーディングの会です。古典からオリジナルまで、いろいろな戯曲を実際に読んでみます。
戯曲を読み合わせることで、人に伝える難しさ・伝わる歓びを再認識できます。舞台の経験などは問わず、誰でも参加できます。今回は、おもにギリシア悲劇をみんなで読みます。
日時 平成30年7月22日(日)
14:00~18:00 生涯学習センター
毎月第四日曜日に開催。第五日曜がある月の翌月は、第一もしくは第二日曜日にも開催。
8月は、12日と26日を予定。
会場 練馬区生涯学習センター(第3教室)
団体名 ぷち✕2(ぷちぷち)シアター ドラマ=リーディングの会
主催 村上 晴彦

生誕120年 中村忠二展 オオイナルシュウネン

中村忠二(1898~1975)は、現在の兵庫県姫路市に生まれ、20歳で上京。各地を転々としながら制作を続け、晩年の20年間を練馬区貫井で過ごした作家です。
1919年日本美術学校に入学しますが翌年退学、水彩連盟展や光風会、国画会に出品しながら洋画団体「歩人社」や「トアル社」などを結成し、精力的に活動を続けました。交流のあった画家・水波博の影響を受けモノタイプ(ガラスや金属に描画して紙に転写する版画技法)の研究を始め、忠二でなければできないといわれるほどの大作も生み出しました。また詩画の制作にも精力的に取り組み、『蟲たちと共に』『秋冬集』など、生前5冊の詩画集を自費出版しています。切り詰めた生活の中、自身の全てをかけ、しがみつくように日々作品に取り組んだ忠二。一見強く激しい筆致を見せながらも、その繊細で叙情豊かな作品世界は、今もなお多くの人をひきつけています。2018年は生誕120年に当たり、ゆかりの地では初めての展覧会となります。初期の油彩画から、水彩画、版画、詩画まで、約80点をご紹介します。
日時 平成30年6月22日(金)~7月29日(日)
休館日 月曜日 *ただし、7月16日(月・祝)は開館、17日(火)は休館。
10:00~18:00 *入館は17:30まで
会場 練馬区立美術館 2階展示室
団体名 練馬区立美術館
主催 練馬区立美術館(公益財団法人 練馬区文化振興協会)

キエフ・クラシック・バレエ 眠れる森の美女 全幕

歴史と芸術豊かなウクライナより、若さと気品あふれるバレエ団が再来日!
2017年、日本全国120公演以上に渡るツアーを敢行、親しみやすいパフォーマンスで好評を博したキエフ・クラシック・バレエが再来日!「長靴をはいた猫」や「青い鳥」でおなじみの「眠れる森の美女」全幕をお届けします。善と悪の対比、そして衝突をチャイコフスキー永遠のバレエ作品でお楽しみください。バレエが初めての方からバレエファンの方まで楽しんでいただける内容です。
■出演 キエフ・クラシック・バレエ
■演目 眠れる森の美女 ※演奏は特別録音音源を使用いたします。
日時 平成30年8月11日(土・祝) 
①12:30開演(12:00開場) 
②15:00開演(14:30開場)
会場 練馬文化センター 大ホール(こぶしホール)
団体名 インプレサリオ東京
主催 主催:インプレサリオ東京 共催:(公財)練馬区文化振興協会

練馬交響楽団 第67回定期演奏会

アメリカ出身の世界的作曲家・指揮者であるレナード・バーンスタインの生誕100周年を記念して、ミュージカル「ウエスト・サイド物語」よりシンフォニック・ダンスを、また、ロシアを代表する20世紀最大の作曲家の一人、ショスタコーヴィチの作品から、もっとも有名な交響曲第5番をお届けします。
■出演:金 洪才(指揮)、練馬交響楽団(管弦楽)
■演目:バーンスタイン/キャンディード序曲、バーンスタイン/シンフォニック・ダンス、ショスタコーヴィッチ/交響曲第5番 二短調 作品47 ほか
日時 平成30年7月22日(日)
14:00開演
会場 練馬文化センター 大ホール
団体名 (公財)練馬区文化振興協会 
主催 練馬交響楽団