検索条件 表示/非表示

条件から検索

カテゴリ
エリア
フリーワード
講座・イベント情報

日付から検索

は講座・イベント開催日、クリックで選択するとになります。

  • 2019年

  • 2019年

  • 2019年

  • 2019年

  • 2020年

  • 2020年

  • 2020年

  • 2020年

  • 2020年

  • 2020年

  • 2020年

  • 2020年

  • 2020年

検索結果
すべてのカテゴリ > すべてのエリア
並び替え
表示数
10 | 30 | 50
27件中 110件表示

箱庭療法ワークショップ

「箱庭療法」という言葉は、多くの方にとって耳にしたり、目にしたりしたことがあるかと思います。「箱庭療法」は、1950年代にスイスの心理療法家D.カルフが創始し、1965年に河合隼雄氏により日本に紹介された心理療法です。ユング派の理論を基に発達してきた技法ですが、日本では、ユング派ではない方にも相談室などで使われてきました。

このワークショップは、箱庭を作った後、講師・草柳和之氏が、箱庭制作を体験した人と丁寧で洗練された対話を重ねながら、製作者にとって「何のためにこのような表現をしたか」という意図に気づき、自然な洞察へと開かれていきます。このような作品表現を基にした対話や、時にワークを行うことによって、内的プロセスを促進し、素晴らしく心揺さぶる体験に発展していきます。
関心のある方のご参加をお待ちしています。

【講 師】草柳 和之(大東文化大学非常勤講師/メンタルサービスセンター代表・カウンセラー/日本カウンセリング学会認定カウンセラー)
【アシスタント】檀野 竹美(2級キャリアコンサルティング技能士/産業カウンセラー/ゲシュタルト・アソシエイツ・ジャパン所属)
日時 10:00~17:00
会場 フェアリーテイルズサロン〔午前〕、ほか
団体名 メンタルサービスセンター
主催 メンタルサービスセンター

まちなかコンサート Vol.33 in 美術の森緑地

いつもの街の中で気軽に音楽を楽しめるコンサート。

練馬区立美術館「エドワード・ゴーリーの優雅な秘密」との連携事業!
ゴーリーが生きた時代や国の音楽を、エレクトーンとユーフォニアムが奏でます。

■出演 平田 侑(エレクトーン)、荒木 玉緒(ユーフォニアム)
■曲目 サン=サーンス/《動物の謝肉祭》より「ライオンの大行進」「白鳥」「ぞう」、ジョージ・ガーシュウィン・メドレー(ラプソディー・イン・ブルーなど)ほか
※雨天中止
※曲目は変更となる場合があります。
※お車での来場はご遠慮ください。
日時 令和元年10月5日(土) 
11:00~11:45
会場 練馬区立美術の森緑地(練馬区立美術館前)
団体名 (公財)練馬区文化振興協会
主催 (公財)練馬区文化振興協会

IMAホール落語会 さん喬・喬太郎親子会

なぜ柳家さん喬は柳家喬太郎の師匠なのか?
なぜ柳家喬太郎は柳家さん喬の弟子なのか?

本寸法の古典落語の伝承者・さん喬と、爆笑新作落語の鬼才・喬太郎。あまりに芸風の違う師弟として落語ファンの中では有名な2人の親子会。
落語の初心者から通なファンまで納得の3時間。
初の師弟対談本『なぜ柳家さん喬は柳家喬太郎の師匠なのか? 』(徳間書店 2018/8/29)にちなんだフリートークコーナーも! 乞うご期待!
日時 12:30開場
13:00開演
16:00終演予定(仲入り10分)
会場 IMAホール
団体名 IMAホール
主催 IMAホール(株式会社新都市ライフホールディングス)

みんなであそぼ!森と劇場のサーカスフェスタ

練馬文化センターとその周りが一日中楽しめるパフォーマンス広場に!
子どもも大人もみんなで遊ぼう!
劇場と森の2つのステージや親子のためのコンサート、ワークショップやパレードなど、赤ちゃんから大人まで、障害のある方もない方もみんなが楽しめるスペシャルデー!練馬産の新鮮野菜が並ぶマルシェも同日開催します。文化・緑・農が融合する練馬の魅力いっぱいの一日をお楽しみください。

■プログラム
(1)劇場ステージのパントマイム・サーカスショー
(2)親子のための小さなコンサート
(3)子どもの遊び場
(4)ワークショップ広場 
(5)森のステージ大道芸ショー
(6)シャボン玉あそび
(7)ねりま de 女子マルシェ
(8)みんなでわいわい!人形音楽大行進

※プログラムやスケジュールなどの詳細は、ホームページをご覧下さい。


日時 令和元年11月4日(月・休)
9:45~16:30
会場 練馬文化センター、平成つつじ公園
団体名 (公財)練馬区文化振興協会
主催 (公財)練馬区文化振興協会

分室 特集展示 「檀一雄の俳句の世界」

練馬区ゆかりの直木賞作家、檀一雄(明治45/大正1(1912)年~昭和51(1976)年)は、「リツ子・その愛」「リツ子・その死」「火宅の人」「真説石川五右衛門」などの小説で著名ですが、一方で詩歌の作品も数多く遺しており、詩集や句歌集なども出版されました。
みずみずしい抒情性に満ちたそれらの詩歌作品は、日本浪曼派の一員としての檀一雄の創作の原点であり、大きな魅力を秘めています。
こうした檀一雄の詩歌作品のうち俳句作品については、俳句雑誌で特集が組まれるなど、注目されています。
本特集展示では、こうした檀一雄の俳句作品をパネル等で紹介するとともに、収蔵する句集、歌集、詩集を展示し、檀一雄の文学を
貫く詩心や小説作品とのつながりなどを探ります。

展示資料
  檀一雄の俳句パネル、著書、絶筆色紙(複製)およびその下書き(直筆) 
  詩関係の生原稿 等

会期中のイベント 
  俳句講座、展示解説会を予定しています。
  詳細は決まり次第お知らせいたします。 
日時 令和元年10月5日(土)~12月22日(日)会期68日間
開室時間 9:00~18:00
休室日 毎週月曜日(月曜が祝日の場合は翌平日)
会場 練馬区立石神井公園ふるさと文化館分室1階展示室
団体名 練馬区立石神井公園ふるさと文化館分室
主催 練馬区立石神井公園ふるさと文化館分室

IMAホール上映会~火曜日は映画の日~ シネマ歌舞伎特別興行「鷺娘/日高川入相花王」

世界で大絶賛を浴びた伝説の舞台が、IMAホールの5.1chサラウンドとスクリーンに甦る!

『鷺娘』作品紹介
ニューヨーク・ロンドン・ベルリン・ウィーン等 世界中で大喝采!!
磨き上げられた珠玉の舞
狂おしい一途な恋心を、時に静かに時に華やかに踊り上げる「鷺娘」は 女方の魅力が詰まったドラマティックな作品です。

『日高川入相花王』作品紹介
人形浄瑠璃を歌舞伎舞踊化した「道成寺物」の作品で、人形振りでみせる趣向となっています。
恋する安珍を追って日高川の渡し場にたどり着く清姫ですが、船頭は川を渡してくれません。 安珍への嫉妬と恨みの激情を燃やす清姫はついに―。人形遣いを尾上菊之助が、船頭を市川九團次が勤めます。
日時 [タイムテーブル]
1回目 11:00~
2回目 13:00~
3回目 15:00~

[開場時間]
各回30分前

[上演時間]
61分
会場 IMAホール
団体名 IMAホール(株式会社新都市ライフホールディングス)
主催 IMAホール(株式会社新都市ライフホールディングス)

イスラエルダンスを踊る会

 練馬区 中村橋で活動しています。 名前の通り、イスラエルのフォークダンスを踊るサークルです。 毎回10~20名くらい、初心者からベテランまで参加しています。 未経験者、大歓迎ですので 興味ある方、ぜひご連絡ください。
 (純粋にダンスをエンジョイするサークルです。宗教・政治活動とは無関係です)
日時 2019年9月29日(日)13​:00-17:00(準備・片付​けの時間も含む)
 サンライフ練馬 3F第1研修室:西武池袋線中村​橋駅から徒歩2分
  参加費400円 対象:どなたでも

●初心者大歓迎
 参加者のレベルに合わせて、易し​い曲から上級者向けの踊りまでか​かります。 踊り方の説明をして教えて差し上げる時間もあります。皆様からのリクエストをお待ちし​ています。

●小さいお子さま連れのご参加も問題ありません。

●動きやすい服装、履きなれたシューズ(土足OK)でご参加ください。
着替えの場所もあります。

  何かご質問があればご遠慮なくお​寄せください
イスラエルダンスを踊る会 israelidancetok​yo@gmail.com
会場 サンライフ練馬
団体名 イスラエルダンスを踊る会
主催 那須 達磨

光が丘ことばの会

練馬区在住外国人のためのボランティア日本語教室です。
毎週土曜日、午前9時半~11時半、光が丘図書館あるいは文化交流ひろばで開催しています。
日時 毎週土曜日 9:30~11:30

9月7日、21日、10月5日、12日は、光が丘図書館2F視聴覚室

9月14日、28日、10月19日、26日は、文化交流ひろば3F交流室
会場 光が丘図書館
団体名 光が丘ことばの会
主催 光が丘ことばの会

特別展「病(やまい)退散ー江戸の知恵と医術ー」

医療が進歩し、多くの病が治療できるようになった現在においても、人々は健康の尊さを再認識し、健康に生きるために模索しています。
その証拠に、体にいい食生活を取り上げたテレビや雑誌の特集が話題となったりしますが、その大元をたどると、中国から伝わった漢方の知識や江戸時代より人々に受け継がれてきた生活の知恵や工夫に行きつくことが多くあります。
本展では、医術の発展を追うとともに、江戸時代の人々の養生の考え方や病への対処について紹介していきます。
日時 令和元年9月14日(土)~11月4日(月・休)9:00~18:00
休館日:月曜(ただし、9月16日(月・祝)、23日(月・祝)、10月14日(月・祝)、11月4日(月・休)は開館
       9月17日(火)、24日(火)、10月15日(火)は休館)
【関連イベント】
①特別展関連講演会「江戸の知恵に学ぶ食養生―薬膳から見た食生活と健康―」
10月14日(月・祝)14:00~15:30
②特別展関連講演会「漢方医学のルーツと大切な考え方」
10月27日(日)14:00~15:30
③特別展関連講演会「病とむきあう江戸時代―幕府・藩・庶民と医薬の関わりについて―」
11月3日(日)14:00~16:00
④展示解説会
9月29日(日)、10月23日(水)、11月4日(月・休) 14:00~(45分程度)
会場 石神井公園ふるさと文化館 2階 企画展示室
団体名 練馬区立石神井公園ふるさと文化館
主催 練馬区立石神井公園ふるさと文化館(公益財団法人練馬区文化振興協会)

2019年度 こどもの困った!に本気で向き合ってみませんか?  ~ 特別支援基礎講座・発達サポーター編 a  ~

連続講座 全7回

講師: 星山麻木先生(明星⼤学教授・⼀般社団法⼈⼦ども家族早期発達⽀援学会会⻑)

☆☆☆ 発達サポーターってどんな人?? ☆☆☆
1人ひとり・・・みんなちがってみんないい。
学校や保育園・幼稚園で悲しい思いをしたり、不安になったり、困っている子はいませんか?
そんなこどもの気持ちに寄り添って、温かく見守る輪を一緒に作っていきましょう。
学ぶことは強くなること。
みんなで学び合い、つながってこどもの温かなサポーターになりましょう!!
何年後か・・・沢山の学んだ人たちがこの練馬でこどもたちを支えていけることが目標です。
日時 全7回 いずれも 9:30~11:30 

2019年 10月16日(水)特別⽀援教育
     11月20日(水)⼦どもの発達 
     12月 4日(水)診断と発達評価の仕⽅ 
2020年 1月 8日(水)素質と環境、教育環境の整え⽅、連携の仕⽅ 
     2月12日(水)障がい特性の理解(⾼機能⾃閉症、アスペルガー症候群)と⽀援⽅法
     2月19日(水)障がい特性の理解(⾃閉症と感覚) 
     3月11日(水) 障がい特性の理解(ADHDと学習障害)と⽀援⽅法
会場 練馬区立区民・産業プラザ研修室2(ココネリ3階)
団体名 こどもの心を育むネットワーク練馬
主催 こどもの心を育むネットワーク練馬